保育士が不足している原因とは?学校に行く前に知っておこう

現代の保育士不足問題とは?

ニュースでもよく取り上げられている「保育士不足問題」。なぜ、この問題が近年起こっているのか知っているでしょうか?この問題について知っておかないと、保育士の学校へ行っても保育士として働けない可能性があります。ここでは、どんな問題が起こっているのか詳しくご紹介していきます。

保育士がなぜ不足しているのかまとめてみました

給料が働いている時間に合っていない

今保育士として働いている人の中には、働いている時間と給料が合っていないという問題を抱えている人もいます。これは、保育士の数に比べて子どもの数が多く、必要な業務を勤務中にこなせないからです。その結果、残業したり、自宅に仕事を持ち帰ったりすることが増えています。

子どもの親とのトラブル

モンスターペアレントという言葉が生まれたのは、子どもを溺愛しすぎた親が何かと保育士に対して苦情を言ってくることが増えてきたからです。そのため、保育士の中には、親との間にトラブルが生まれて心労が増えてしまい、やめてしまう人がいます。

保育施設の数が少ない

少子化といわれている時代ですが、保育施設の数が足りず子どもを預けれない状況に今なっています。それに、保育施設が少ないので保育士として働くことができないともいわれています。その結果、保育士として働かず別の仕事に就く人が増えています。

保育施設内の人間関係

女性が多い保育士の現場では、人間関係の状況が悪い場合があります。そういったところは、保育士同士のいじめがあったりするのでなかなか定着しません。その結果、保育士が足りなくなり、保育施設が回らない状況を保育施設自体が作りだしている場合もあります。

保育士が不足している原因とは?学校に行く前に知っておこう

グッドポーズ

解決できるように動いている

上記でご紹介した内容は、今解決できるように国が動き始めています。そのため、これから保育士を目指す人が資格を取得して働き出す頃には、環境が整っており働きやすいようになるように計画されています。人によっては「保育士として働くの嫌だな…」と思うかもしれません。ですが、これからも需要のある資格だけでなく働きやすい環境になっていくので、子ども好きにおすすめしたい職業です。

人間関係の問題も減ってきている

昔に比べると人間関係はよくなってきています。その理由は、女性だけでなく男性も働けるようになり、保育施設側も人間関係を円滑に回れるように考えているところが増えています。また、環境が悪い保育施設は、子どもも集まらない状況になっているので、働きやすい保育施設を作ろうという動きによってどんどん職場環境がよくなっています。

派遣という働き方もある

最近は、特定の保育施設で働くだけでなく派遣として働く方法もあります。派遣の場合、さまざまな保育施設で働けるので実績を作ることもできますし、どんな環境でも働ける能力をつけるようになります。実際に派遣の保育士として働く人も多く、保育施設側も派遣だと雇いやすいことから上手くサイクルが周ってきています。

保育士を目指すなら今!今後は働きやすくなっていく

保育士不足問題は、今後解決できるように動いています。そのため、これから保育士を目指せば、働きやすい環境が整っている可能性が高いので、目指すのなら今が一番よいでしょう。