幅広い業務を助けられる公認会計士の資格は将来安泰

幅広い業務を助けられる公認会計士の資格は将来安泰

スーツの人

将来が安泰する資格のひとつ

公認会計士という資格は知っていますか?人によっては「聞いたことがない」といわれるかもしれません。しかし、この資格は一度取得しておけば、仕事に困りにくくなり将来が安泰するといわれています。そのため、今公認会計士の資格を取るために学校へ通う人が増えています。

女性

税理士と間違えやすい

公認会計士の仕事は、主に企業に関わることが多いので税理士と同じ仕事だと思っている人も多くいます。しかし、実際は税理士と異なる業務を行なっています。どちらも数字に関する業務ですが、税理士は「税金に関すること」で公認会計士は「さまざまな業務の数字に関すること」になります。しかし、公認会計士と税理士の資格を持てば、両方の業務を行えるので有利です。

公認会計士になるメリットをランキングでチェック!

計算する人
no.1

どこの企業も求めている資格

公認会計士の資格は、どこの企業も求めている資格になります。その理由は、企業で行なう業務を数字を表しやすくなるだけでなく、企業で行なっている業務を効率よく回せるように考えられるように環境を整えられるからです。

no.2

会社がある限り仕事に困らない

公認会計士の資格を持っておけば、さまざまな企業で働くことができます。そのため、万が一働いていた企業が倒産になったとしても、他の企業に移ることができるので仕事に困りません。

no.3

税理士よりも幅広い業務ができる

税理士は、税金に関わる税務のみを仕事にしています。そのため、他の業務に関しては税理士の資格だけだと関わることができません。しかし、公認会計士だと税務以外の業務に関われるので幅広い業務に携わることができます。