心のケアができる心理カウンセラーの資格とは?

心が疲れている人が多い世の中

ストレス社会と呼ばれている世の中なので、体だけでなく心が疲れている人も多くいます。心が疲れることは、うつ病に発展する可能性があり、仕事ができない状態になることだってあります。こういった人を助けるのが「心理カウンセラー」の仕事になります。

心理カウンセラーとは?どんなことをするのか?

人の心理を読んで対応する

心理カウンセラーは、人の心理を読んでどういったことで悩んでいるのか、どんな感情で今話しているのかを把握することで、悩んでいる人に適切なアドバイスを伝えることができます。そのため、資格を取るときは心理学を学びます。

さまざまな現場で働ける

心理カウンセラーの職場と聞けば、心療内科などで働くイメージがあるでしょう。しかし、ここだけではなく企業専属のカウンセラーや学校のカウンセラーなどさまざまな現場で働くことができます。そのため、資格を取れば就職に困らないといわれています。

カウンセリング中の対応が身に付く

心理学などを学んでいない人に比べて心理カウンセラーの資格を持っている人は、カウンセリング中にどうすべきかを判断しやすくなります。そうすることで、相手の心を開けるようになり悩んでいることを解決へ導けるようになります。

初対面の人でも話しやすくなる

コミュニケーション能力も身に付くので、初対面の人とも話しやすくなります。仕事だけでなくプライベートでも活用できる能力になるので、さまざまなところで活かすことができるでしょう。心理カウンセラーの資格を取るために勉強すると徐々に身についていきます。

これからも需要が高い職業

心理カウンセラーの資格を取っておけば、将来の心配をほとんどしなくてもよいといわれています。なぜなら、心理カウンセラーを求めている人が多いからです。今は、昔と違って情報が出やすい時代になっています。そのため、人に自分のことを話さない人も多いので、どんどん自分の中に蓄積していき、心が疲れてしまいます。そのため、心理カウンセラーのような話を聞いてくれる人を頼ってくる人もいます。

心のケアができる心理カウンセラーの資格とは?

カウンセリング

自分のためになる

心理カウンセラーの資格は、仕事に活かすだけでなく自分のためにもなります。心理カウンセラーとして働くのではなく、自分のコミュニケーション能力を上げるために勉強する人も増えています。人と話すのが苦手、どうやって人と仲良くなったらいいかわからないなどの悩みを持っているのなら、資格を取ってみてはいかがでしょうか?

学校で勉強しよう

資格を取るとなったら、心理カウンセラーについて勉強しなければいけません。独学で勉強することもできますが、やはり限界があるので専門の学校へ行ったほうがよいでしょう。学校では、心理学だけでなくカウンセリングを疑似体験できる授業もあるので、人とコミュニケーションを取る練習を行いやすくなっています。

心理カウンセラーの学校はどんなところ?実際に行ってる人に聞いてみた

今まで知らなかった世界

心理学に興味があり、心理カウンセラーの資格を勉強するために入りました。実際入ってみて思ったのは、知らないことが多いこと。だけど、分かりやすい授業ですし、実際のカウンセリングのような授業もあるので来てよかったと思っています。