心理カウンセラーの資格を取ったら注意したいこと

心理カウンセラーの資格を取ったら注意したいこと

男女

カウンセラーとして働ける場所

心理カウンセラーとして働ける場所は、今だとたくさんあります。しかし、働ける場所が多いので選び方に気を付けないと負担が大きくなることがあります。なぜなら、心理カウンセラーは人の悩みを聞いて解決できるように導くのが仕事なので、多くの人を相手にするとなったら自分に負担がかかる可能性があるのです。

カウンセリング

特定の場所で働き続けるなら…

特定の場所で心理カウンセラーとして働きたいのなら、開業を目指すことをおすすめします。開業することで、自分のペースに合わせて仕事ができますし、負担になりにくくできます。また、カウンセリングの場を整えやすくなるので利用者にとってもメリットがあります。最近は、ある程度実績を積んだ人から開業する人が増えてきています。

レディ

さまざまな現場で働くのもいい

心理カウンセラーとして働くときは、ひとつの場所に留まらずさまざまな現場で働くようにするのも経験を積めるのでおすすめです。それに、働く現場を変えることで気分転換にもなります。しっかりとカウンセリングするためにも、自分が働きやすい環境を作ることも大切なので、こういった働き方をするのも検討してみてはいかがでしょうか?

独学で学ぶ?それとも学校に行ったほうがいいのか?

独学だと限界があるので学校がおすすめ

心理カウンセラーとして働く場所は、いっぱいあるのでしっかりと知識を身に付けることが大事です。そのため、限界がある独学よりも心理カウンセラーの資格を取る学校で勉強したほうが確実に知識を身に付けられるようになります。

カウンセリングの技術も身に付けやすい

人とのコミュニケーションが大事なカウンセリングは、独学だとコミュニケーション能力をつけるのが大変です。しかし、学校なら他の生徒と一緒に学んでいけるのでコミュニケーションを取るのが得意になっていきます。